ライスパワーエキスをご存知ですか。

昔から酒造などで働いている人のお肌はとても綺麗でキメが細かいと言われていました。
それは、お米のエキスによって得られた効果なのではないかと注目し、研究開発されたのがライスパワーエキスです。

江戸時代から続く造り酒屋の勇心酒造は、長年培ってきた醸造発酵技術を持っていました。
そして、現在の社長徳山氏は科学者としてお米の発酵によるエキスの抽出を研究して来ました。
勇心酒造独自の研究開発によって生み出した生み出された技術「日本型バイオ」によって造られたのがライスパワーエキスです。

ライスパワーエキスは100%国産米を材料に独自技術でお米のエキスを抽出します。
そこに麹菌、酵母、乳酸菌等の微生物を組み合わせ長時間発酵させます。
それをじっくりと熟成させた事で誕生するライスパワーエキスは、微生物の組み合わせによって様々な効果が生み出されるそうです。

勇心酒造では、微生物の組み合わせや熟成時間によってNoを振りその効果を記しています。

たとえば、No.1は皮膚を健やかに保つ効果があります。
ライスパワーエキスNo.1はお肌の保水力をサポートし、角質層を健全にする効果があります。

ライスパワーエキスNo.2やNo.3はお肌を労わりながら汚れを落とす効果を持っています。

ライスパワーエキスNo.7やNo.10は皮膚の油分を保ったり皮脂のバランスを整えたりします。

ライスパワーエキスNo.11は皮膚の水分保持機能を改善してくれます。

他にも多くの効能を持ったライスパワーエキスにNoが振られています。

この様に、麹菌、酵母、乳酸菌などの微生物を組み合わせる事で様々な効果を得られます。
お米に掛け合わせる微生物の種類や量、発酵期間の組み合わせは無限大です。
つまり、ライスパワーエキスにもまだ未知の効果が隠れている可能性があります。

勇心酒造が現在製品化している成分は、実はほんの一握りだそうです。
効能を確認し、日常的に使用しても問題ないと判断したものだけを製品にしているそうです。

ライスパワーエキスには、効能や効果が科学的に証明された製品にのみ「ライスパワーマーク」を表示しているそうですよ。
例えば、アトピスマイルにもちゃんとマークがされています。

勇心酒造では、ライスパワーエキスに振られたNo毎に製品を開発しています。
クレンジング剤や洗顔料をはじめとして、化粧水や乳液などの基礎化粧品もあります。
全てにライスパワーエキスが配合され、お肌に良い効果をもたらしてくれるそうです。

お米から生まれたライスパワーエキスの効果を、一度試してみてはいかがでしょうか。

乾燥肌ケアで洗い流さないクレンジングに変えてみた

30代から乾燥肌に悩んでいます。

冬場の乾燥がひどく肌表面が粉を吹いたような状態で、どんな化粧品をつけても刺激を感じて痒い場合があります。

年末に実家に帰った時に、冬でも美肌を保っている母に教えてもらったのが洗い流さないタイプのクレンジングクリームでした。

「クレンジングで落とし過ぎなのよ」という母の言葉と、実際に潤っている母の肌を見て同じクレンジングを購入し使い始めました。

メイクを落とす時には、ピンポン玉くらいのクレンジングクリームを小指と薬指を使って肌に優しく伸ばしていきます。

こすらないようにメイクに馴染ませながら、リンパの流れを意識しつつ顔の中心から外、下から上へ向かって指を滑らせます。

ファンデーションが溶け出して白いクレンジングクリームが茶色く変わってきたタイミングでティッシュオフします。

ティッシュを薬指、中指、人差し指の3本に巻き付け肌を擦りすぎないようにクレンジングクリームを優しく取っていきます。

ティッシュに茶色いクリームがつかなくなる程度まで拭き取り、まだベタベタ感が残っている肌にホットタオルを乗せます。

ホットタオルは、水を絞ったフェイスタオルを電子レンジで40秒ほど温めたものを使っています。

ホットタオルは2,3分当てているとすぐに冷めてくるので、完全に冷める前に軽く肌を拭き取って終了です。

ホットタオル後も肌にはベタつきが残っていますが、母いわく「クリームが残っているぐらいが乾燥しなくていい」そうです。

正直、洗い流さないクレンジングは面倒ですが、2週間ほど続けたところ肌の乾燥が気にならなくなりました。

夕方頃に感じていた肌の痒みもなくなり、化粧水などへの刺激も無く肌の吸収力も上がったようです。

お金をかけないスキンケアー

私は乾燥肌の上、敏感肌で子供の頃から化粧品にとても気をつけていました。

その辺の薬局などで売られている化粧品、私の意識ではいわゆる安い化粧品は使えないと思っていて、
いつも高級デパートの中に入っている海外一流ブランドのものを買ってつけていました。

これらのものは良いと言えば良いのでしょうが、何せお金がかかって仕方がありません。

ある時仕事で東南アジアに出張に行った時にスキンケアーにとても詳しい現地人女性に合いました。

彼女もアトピー皮膚炎で敏感肌だったそうです。

その彼女に教えてもらったスキンケアーが今の私のお金のかからない方法です。

まずお化粧は極力しない。

仕事上女性にとっては仕方のない事でしょうが事情が事情なので周りの人にも理解してもらう事です。

(私は口紅も塗れないくらい敏感肌です)
お風呂に入った時の洗顔は石鹸などを使わず水だけで洗顔します。

その後タオルで顔に負担がかからないように上からポンポンとたたく程度で水気を取ります。

そしてヒルドイドクリームを塗って、その上に薄くワセリンを塗って終わりです。

ヒルドイドクリームは肌の中に水分を作ってくれます。

その水分が蒸発しないように上からワセリンを塗って水分を閉じ込めると言う原理です。

ワセリンなんて塗って脂っこくならない?と思いますが、薄く塗れば大丈夫です。

たったこれだけの激安化粧品でしっかりとスキンケアーが出来ます。

今まで超高価な化粧品を買っていたのが馬鹿馬鹿しかったと思います。