自分はアレルギー体質の肌と、ストレス性の蕁麻疹を持っています。

アレルギーになるのは両手で、蕁麻疹は全身アレルギーになる主な原因は、ペットの毛などによるものです。

アレルギーはどんなときに発症するかわからないということもあり、あまり明確な症状においての対策は事前にはできませんが、発症したら、必ず水や低刺激性のハンドソープなどでよく手を洗い、かかりつけの病院で処方された軟膏を塗って安静にしています。

また蕁麻疹はストレス性によるものなので、直接精神的な症状を抑えるために、安定剤と鎮痛剤を処方してもらっています。

ストレス性の肌のトラブルはなかなか自分だけの問題ではなくなってくるので予防はすることは難しいですが、軟膏など塗り薬はさまざまな種類のものがありますが、なるべく使用するものは1、2種類に絞ると、塗り薬が自分の肌に合わなかったり、かぶれの原因となってしまうので、肌が弱い人ほど、塗り薬には注意を払わなければならないと思います。

皮膚が一度アレルギー等で不調をきたしてしまうと、完治しても跡が残ってしまったり、なかなか完治できないようなケースが多いので、事前に対策出来るような事柄は積極的に行動して、発症自体を少なくしていくために肌のお手入れは必要不可欠だと体験を通じ痛感しました。

アトピー性皮膚炎の肌のお手入れ

基本的にアレルギー体質でアトピー性皮膚炎なので、肌につけるものはかなり制限されます。

市販の化粧水や美容液などは、全てアウトです。

高校生の頃から、肌のお手入れに使っているのは、病院の皮膚科で処方される保湿クリームと軟膏だけです。

ずっとヒルドイドを使っていましたが、最近は同じような成分で価格を抑えたジェネリックのものを使っています。

一度、肌にいいことを謳っている市販の化粧水や美容液を使ってみましたが、やはり肌がすぐに荒れてしまいました。

処方された保湿クリームを塗るのは、お風呂上がりの夜だけです。

朝も塗ると、ベタベタしてしまって、化粧ができませんでした。

私は朝は洗顔をしないほうが肌の調子がいいです。

洗顔をすると、逆に肌が痒くなってしまいます。

原因は分かりません。

混合肌なのも困っています。

基本は乾燥肌なのですが、部分的に吹き出物ができます。

乾燥している部分に保湿クリームをたくさん塗ると、吹き出物やニキビのほうが酷くなってしまうのが悩みです。

休みの前日には、時間をかけて保湿クリームを塗るように心掛けています。

手でパックするように、押さえながら塗ると、保湿クリームの浸透率が上がるようで、翌日の肌の調子がいいです。