私は大きなお風呂に行くのが好きなので、本当のところ毎日通いたいですが経済面と時間がないのとで週末に楽しむのが精々です。

お風呂は洗い場も含めて湯気が立ち込めているので乾燥とは無関係な気がしませんか。

私も以前はそう思っていたので、上から順番に洗っていました。

まずシャンプーし、2番目に顔を洗うのですが、どうも最近そのあと顔が突っ張る気がしてなりません。

お風呂から上がる最後の最後に洗うという手もありますが、髪にトリートメントして流したあとに肌に残るヌメヌメを早くきれいに洗い流したいのです。

よくトリートメント剤が耳の後ろに残り、そこにニキビができてしまうことがあるので敏感になっています。

そこで私が使っているのがオイル。

顔を洗ったらすぐにオイルを塗り乾燥を防ぎます。

今いろんなオイルがあり色々なものを試している最中ですが、お風呂ではシアバターをつけています。

髪にも付けてサウナで蒸すとツヤツヤに。

お風呂から上がったら、身体を拭くのもそこそこにすぐに化粧水をつけます。

以前、ある美容家が「お風呂から上がって10秒以内に化粧水をつけないと肌がどんどん乾燥する」というのを聞いてからは、大急ぎで化粧水だけをまず叩き込みます。

オイルを塗ったからと言って「乾燥対策はもう大丈夫」と考えないほうがいいそうです。

オイルはあくまでも乾燥を遅らせるだけだそうなので気を付けてください。

30代後半の女性のお肌のお手入れについて

30代になると、20歳の時よりうるおいが少なくなってきたので今までさっぱりタイプの化粧水と乳液を使っていましたが、決心して化粧品をエイジングケア対応の化粧品にラインで変えることをきめました。

元々敏感肌で肌に合うものを探すのは苦労していたのですが、インターネットの口コミで敏感肌でもエイジングケアができる化粧水とクリームを購入して肌状態を改善をするように努力をしています。

初めはその化粧水とクリームだけでは物足りなさを感じていたのですが、冬の時期の寒さとエアコンによる乾燥もありその化粧水を使用する前に600円くらいで購入した炭酸スプレータイプの化粧水を事前に顔にスプレーした後に、エイジングケアができる化粧水とクリームでケアをしたら以前ほどは乾燥を気にしなくなりました。

後は仕事をしているので化粧をすることも多いのですが、季節を問わずリキッドファンデーションを使用することにしています。

昔はリキッドはべたつくというイメージがあって使用しなかったのですが、今はべたつきにくいリキッドファンデーションも売られているので、夏も乾燥を感じる肌質の方は一度化粧品のコーナーでBAさんに自分の肌悩みを相談してみるなどして商品を購入してみた方が良いと思います。

年齢を重ねるのは誰でも同じですが、自分が普段どういう環境で過ごしているかで肌状態も変わってくるのでそういったことにも気づけるように普段からケアをしっかりしていくといいと思います。